活動紹介

2012年1月23日 (月)

事業継続計画(BCP)の勉強会をしました。大阪の企業の社内勉強会

定期的に社員様向けの勉強会を開催させていただいているお客様(企業)があります。先日もその勉強会を開催してきたのですが、今回は「事業継続計画(BCP)」をテーマにお話をさせていただきました。


お客様の社内勉強会なのですが、毎回のテーマはお客様の方から希望が出たり、当社から提案をしたりして打合せをして決めています。今回の勉強テーマは当社から「事業継続計画」という内容を提案したのですが、お客様の職場でも今年の会社目標に災害などの対応に備えることが目標の1つに入っているらしく、調度良いテーマということでBCPの話をさせていただくことになりました。

20120120


一般社員の方に向けた勉強会なので、まずは事業継続計画やBCPといった言葉の意味、、事業継続計画の関心の高さや、起こり、必要性などの話から始まり、実際に事業が中断してしまった企業をあげて、そこでの問題や課題にどう取組んだかという事例、事業継続計画のステップやBCPに取り込むべきことなどをひと通りお話させていただいた後、実際に、こちらの企業で事業が中断しそうになる緊急事態を迎えた場合の取組みや、事前措置などについて、ディスカッションしていただき発表してもらいました。


私の事業継続計画に関する話はさておき、社員の方々実際にディスカッションしていただいた内容を発表していただくと、なかなか面白い内容で、私も色々と刺激されました。

勉強会の中で皆さんにもお伝えしたのですが、事業継続計画を策定する際は、会社の一部の偏った人だけで行うより、色んな立場の人を集めて行い、ブレーンストーミング形式で出来るだけ沢山のアイディアや事柄をあげることが好ましいです。なぜなら実際の災害や事故といった緊急事態や脅威は、どこから降り注ぐか、どんな影響をもたらすのか、想定外のことが多いからです。できるだけ多くのことを事前に想定するには様々な立場の人が集まることが必須です。


この企業で勉強会を実施させていただいた数日後、別のお客様の企業でもタイミングよく事業継続計画が話題となり、先の勉強会でテーマにしたことを話すと、興味深く聞いていただけました。取引先から事業継続計画の取組みをしているか否か、問合せもあったようで、BCPに対する関心の高さは益々強まっているようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)